まだまだ食べたい、おすすめグルメサイト

居酒屋の座敷では席順に注意

居酒屋で気をつけたいこと、それは席順です。
特に、お座敷で飲むことになった場合には、一層席順に気をつける必要があります。
仲間内で飲むならまだしも、会社の飲み会や取引先との会食となった場合には、この席順について知っておかないと、恥をかくことになってしまいますから気をつけましょう。
まずは、会社での飲み会の場合です。
自分が幹事であったり、あるいは一番下っ端である場合には、下座に座るようにします。
下座とは、一番出入り口に近い席のことです。
出入り口から遠くなればなるだけ上座ということになります。
上座は簡単に言えば、偉い人が座る方です。
なので、自分よりも目上の人、つまり課長、部長、社長といった人たちが座ることになります。
間違っても、下っ端なのに「来た順番に奥から座る」と勘違いして上座に座らないようにしてくださいね。
年配の人たちは、上座下座のことについても見ています。
何も言われないから、といって上座に座ってしまうと「常識がない」と思われてしまうこともありますから、注意してくださいね。
次に会食であった場合です。
取引先との会食などで和食の居酒屋を使うこともあります。
この場合、お座敷が使われることが多くなりますから、会社の飲み会の時と同じように、やはり席順に気をつける必要があると言えます。
自分が招待した側なのであれば当然ですが、自分が目下になりますから、出入り口に近い下座に座るようにします。
招待された側であった場合には、招待した側に勧められた席に座りましょう。
そして一緒に来た人との関係性にも注意が必要です。
自分一人が招待されたのならいいですが、例えば自分よりも上の人間(課長や部長など)と一緒にきている場合は、間違って一番上座(一番出入り口から遠い場所、床の間がある場合には床の間に一番近い場所)に座ったりしないようにしてください。
また招待した側である場合は、自分が一番下座に座るのが一番賢明です。
あとは相手との関係性も含めて席順を考慮するようにすれば問題ありません。
和食の居酒屋は「居酒屋」という店柄、そういったことをあまり気にしない、無礼講の雰囲気がよくありますが、あくまでも「表面上は」ということです。
やはり、一般的な常識などは必要になりますから、きちんと座敷の席順などは頭に入れておきましょう。
もしも飲み会の幹事になった場合には、参加する人の肩書きなどもしっかりとチェックして、それに応じた席順を前もって決めておく、というのも大切な下準備になりますよ。

Copyright 2019 まだまだ食べたい、おすすめグルメサイト All Rights Reserved.